ダイエットよりもジムで筋トレ主体のプログラム設計は?

ダイエットよりもジムで筋トレ主体のプログラム設計は?

ジムでのダイエット相談室メイン

ダイエットよりボディメイクを目標にジムに通うが、筋トレ主体の運動かと聞いてきた質問者への回答。筋トレや基礎的運動について記述し回答とします。

ダイエットよりもジムで筋トレ主体のプログラム設計は?

ボディメイクは筋トレ主体ですが、それは表面的なことです。

ボディメイクの本質や基礎的な身体の作り方について理解しておきましょう。

■一石三鳥のダイエットトレーニング。

ダイエットは食事制限をして痩せることだと勘違いしている人がいます。

しかし実際の身体のメカニズムは、筋トレなどの運動でお腹周りの脂肪や内臓脂肪が燃焼させることで、絶食などをしなくても十分に痩せられます。

中年女性に多い心筋梗塞、もっとも危険な心臓周りの脂肪は、継続的なジムでの運動を行えば優先的に除去できます。

つまりボディメイクはダイエットにも直結し、健康作りにもつながります。

筋肉のコントロールで、ボディメイクしながら一石三鳥程度の効果は簡単に得られます。

それがジムにおける筋肉トレ=ダイエットトレーニングです。

■筋トレ中心でもプログラムは全般的。

ボディメイクはジムのトレーナーが提案するプログラム設計を中心に、準備運動・基礎運動(有酸素運動)、筋トレを行っていきます。

パーソナルトレーナーとの契約したマンツーマンでないと不可能ですが、プログラムとしては食事の仕方、糖質制限、栄養学に基づく体質改善など細部にわたります。

トレーナーの方針によっては縛りや制限が多く課せられますが、本気でボディメイクをしようとする人なら、むしろ心地よく感じるものです。

■ボディメイクは筋トレが主体ではありますが、それだけで美しい身体は手に入りません。

身体の基礎づくり・体質改善の方法を習ってください。

ボディメイクを表面的にとらえてしまうと筋トレがメインになります。

しかしやみくもな筋肉運動は脂肪の燃焼率を低下させ、逆に太ったような身体を作ってしまいます。

利用者にあったプログラムを提案してくれますから、その意味をしっかり理解して取り組みましょう。

PickUp Entry